ベン・フォールズ「Annie Waits」

 

 

f:id:ichirotakada:20170817232640j:plain

 

バンド「ベン・フォールズ・ファイヴ」は1994年に活動を開始した。

 

「ファイヴ」といいながらピアノ、ベース、ドラムというトリオ編成のバンドで、日本では本国アメリカ以上に人気が高かった。

 

2000年にバンドとしての活動を終了したあと、ピアノを担当していたベン・フォールズはソロ活動を開始。

 

この「Annie Waits」は2001年、ベンがリリースしたソロ・デビュー・アルバム『Rockin' The Suburbs』のオープニング・ナンバーである。

 

ベンはアメリカ人だが、このアルバム制作当時はオーストラリアのアデレードに住んでいたらしく、アルバムもアデレードでレコーディングされた。

 

音楽雑誌などでのレビューは高評価だったが、ビルボード・チャートでも最高42位と、必ずしも大ヒットアルバムとはならなかった。

 

この「Annie Waits」はシングルカットもされていないし、ミュージック・ビデオもないようだ。

 

しかしピアノが基調になっているポップなこの曲を、ぜひもっと多くの人に聴いてほしいと思う。

 

アニーという女性が彼氏からの連絡をずっと待っている、今か今かと待ち続けているけどなかなか電話が鳴らない・・・そんな様子を歌っている歌である。

 

このアルバムではベン・フォールズがほとんどすべての楽器を演奏しており、この曲もおそらく一人多重録音で作られているはずだ。

 

そんなアーティストの技術面のすごさも、この曲の興味深いところだと思う。