フランク・シナトラ「All My Tomorrows」

 

 

f:id:ichirotakada:20170820012225j:plain

 

決してこの歌手の代表曲ではないが、この歌をお気に入りの一曲に挙げるファンは多い。

 

おそらくそのメロディの美しさだけではなく、穏やかだが前向きな歌詞の内容に魅かれるからであろう。

 

夢が一つか二つあるだけで

そのほか今日の自分には何もない

でもたくさんのことを明日やるつもりだ

僕の未来のすべてが君にかかっている

 

思いを寄せる女性がいる男が、なかなか思うようにならないけど俺はあきらめないで明日またがんばるぞ、僕の将来は君次第なんだ、と歌っているようだ。

 

一見ラヴソングの体をなしているが、読み方次第ではもっと広く深いメッセージを見出すこともできる。

 

今日もつらい一日だった、いつになったらこの辛さから抜け出せるのか分からない、でもあきらめないで明日もがんばろう、僕には託せる未来があるんだ。

 

こういう風に歌詞を読んでいくと、なんとも前向きで励ます力に満ちた歌に聞こえる。

 

シナトラの歌い方も、決して力を込めた強い歌い方ではない。

 

むしろ、疲れ切った男が、一服しながら窓の外を眺めてつぶやいているような印象を受ける。

 

だからこそ、私たち聴き手も思い通りにいかない自分の生活を投影することができ、その歌詞を自分への応援歌のように聞くことができるのだと思う。